浴室乾燥機のトラブルTOP4をご紹介!どう対処するのがベスト!?

浴室乾燥機のよくある故障TOP4

梅雨や台風の時期のような天気が良くない日や、花粉やPM2.5などが飛び交うようになり、洗濯物の外干しができないときに活躍するのが浴室乾燥機です。

浴室乾燥機は、衣類を乾燥させるだけでなく、入浴後の浴室のカビや湿気対策にも一役買う存在なので、年中を通じて、使用頻度が高い設備機器と言えるでしょう。

その使用頻度の高さが、経年劣化による不具合を増長させることも少なくないため、日頃からの定期的なメンテナンスが長く使うためのキーポイントと言えます。

そこで今回は、浴室乾燥機のよくある故障の内容や、その対処法についてご紹介していきます。

\ 建築のプロが厳選 /
[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”20px” color=”#2d6bc4″ url=”https://reformcanpus.com/mitumori-hikaku” target=”_self”]手軽にリフォームの見積もり依頼をする方法 [jin_icon_arrowcircle color=”#fff” size=”18px”][/jin-button-flat]

浴室乾燥機のトラブルTOP4とは?

浴室乾燥機の不具合を感じ取ったとき、それが「故障のサイン」であるケースと「操作ミスやメンテナンス不足によるもの」であるケースの2パターンに分かれます。

まずは、ご自宅の浴室乾燥機が、どのトラブルに該当しているのかを見極め、そのトラブルに合った対処を適切に施すことが、最も効果的と言えるでしょう。

浴室乾燥機でよくあるトラブルは下記の4つです。

  • 電源が付かない
  • 乾燥能力が落ちた・風量が少ない
  • 異音がする
  • 異臭がする

それでは、順番に解説していきます。

浴室乾燥機のトラブル:電源が付かない

よくあるのが、ブレーカーが落ちてしまっているケースです。

日頃から浴室乾燥機を利用していると、他の家電との合計の消費電力がギリギリでも気づかないことがわりとあります。

電源が付かないときは、まず第一にブレーカーを確認し、電気が落ちていないかを確かめましょう。

最近の家電は消費電力が大きいものが多いので、意外とこのケースのトラブル事例は多いですよ。

浴室乾燥機のトラブル:乾燥能力が落ちた・風量が少ない

乾燥の効率が、今までより悪くなったと感じられる場合、疑うべきなのはフィルターの汚れです。

パット見が、どれだけキレイでピカピカの浴室に見えたとしても、ホコリや衣類の糸くずなどが、蓄積されていくのは避けることができません。

フィルターを確認し、「汚れやゴミがついていないか」「油分のついた汚れなどによってフィルターの目詰まりを起こしていないか」などをチェックし、汚れている場合には清掃しましょう。

水洗いができるフィルターであれば、水洗いした後に水分をきちんと取り除いてから再度設置し、水洗いができない場合は、掃除機やブラシを使用してホコリをしっかり取り除けば、乾燥能力が今までのように復活するはずです。

浴室乾燥機のトラブル:異音がする

浴室乾燥機を動作させたときに、明らかに違う音がするということもよくある現象です。

基本的に、このような異音がする原因は以下の2つです。

  • ファン(モーター)部分に起因するもの
  • 汚れに起因するもの

特に、モーター部分からの異音は、経年劣化やサビなどによる故障や、オイル切れや汚れによる動作不良のサインとなります。

オイル切れの場合、ご自身でホームセンターに販売されている市販の潤滑油を補充すれば解決することが多いものの、汚れを落とさずに油だけ補充すると、余計に汚れをこびりつかせるリスクが高まってしまいます。

また、モーター内部は、製品を分解しないと落とせない箇所が汚れていることが多いため、素人が分解するのは危険を伴いますので、少しでも不安に感じたら専門の方に依頼した方が安心でしょう

ちなみに、分解したことで故障となった場合は補償の対象外となることが多いため、注意するようにしましょう。

浴室乾燥機のトラブル:異臭がする

異臭の原因は、主に次の2つです。

  • 長年の汚れの蓄積で、カビや雑菌の繁殖している
  • 故障やオーバーフローによってホコリや雑菌が加熱されている

いずれにしても、カビやホコリなどの汚れが少なければ、異臭は軽減されます。

換気口や排気口のカビやホコリだけでなく、浴室全体のカビや汚れにも注意する必要がありますので、ドアや床はもちろん、排水溝やシャワーヘッドなども定期的にチェックしましょう。

カビや汚れを放置したまま、浴室乾燥機を動作し続けると、臭いの元凶を巻き上げるだけでなく、温風と共にその汚れを再度まき散らすことになり、浴室の衛生環境にも悪影響を及ぼしてしまいます

その状況で、浴室乾燥機を動作させれば、衣類にもその汚れなどが付着することになりますので、カビ対策はしっかりしておきましょう。

浴室乾燥機のトラブル時に修理やメンテナンスにかかる費用はどのくらい?

では、「修理や交換が必要」もしくは、「自分ではメンテナンスが大変だから専門家に依頼したい」と判断した場合、どのくらいの費用と日数がかかるのでしょうか?

もちろん、設置されている浴室乾燥機のメーカーや、その故障の度合いによっても多少は変わりますが、一般的な目安は以下の通りです。

部品代:5,000円~30,000円程度
施工費:8,000円~30,000円程度
寿命 :10年程度
施工費 :12,000円~30,000円程度
依頼頻度:1年に1回(ご自身でメンテナンスされている場合はこの限りではない)

いかがでしょうか?

この金額は平均値ですが、メーカーの違い以外にも、ガス式の浴室乾燥機と電気式浴室乾燥機によって部品代にも差がでます。

また、浴室乾燥機は寿命が10年程度と言われていますので、そのくらいの年数が経過すると、交換部品がメーカーで生産終了となることが良くあります。

これは、メーカーサイドも寿命での買い替えを推奨しているためなんですね。

皆さまも、異音や異臭が強くなったら、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

浴室乾燥機って後付けできる?リフォーム費用の相場をご紹介します!

浴室乾燥機のトラブルまとめ

浴室乾燥機のよくある故障TOP4

浴室乾燥機のよくある故障の内容や、その対処法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

浴室乾燥機は、こまめに掃除をするなど、定期的なメンテナンスを行うことで、故障を回避し、より長く使い続けることができます。

浴室乾燥機も重要な家電だと捉えて、長く付き合えるように努めたいですね。