浴室リフォームを手軽にする「パネル工法」の特徴や費用相場はどのくらい?

パネル工法とは

従来からの在来工法であるタイル張りの浴室を利用されているの中には、「そろそろユニットバスにリフォームしたい」と考えられている方もおられるのではないでしょうか?

在来浴室からユニットバスへのリフォームは、現状のタイル壁や天井などをすべて解体し、スケルトンの状態にする必要があるため、最低でも80万円~150万円ほどの予算が必要となります。

まとまったリフォーム費用が必要のため、それなりの覚悟がいるのも事実です。

しかし、より低コストでユニットバス風のおしゃれな浴室にリフォームする方法があります。

それが、「パネル工法」です。

そこで今回は、パネル工法の特徴とユニットバスへのリフォームとの違いについてご紹介します。

パネル工法とは?

パネル工法とは、その名の通り、ユニットバスに用いられるパネル建材を使って、浴室をリフォームする工法です。

工場で予め生産されたパネル建材を現場に持ち込み組み立てることで、素早く工事を行い、必要な箇所をリフォームすることができるのが特徴です。

在来浴室をパネル工法でリフォームする場合、既存のタイル壁やモルタル壁にパネルを直接貼り付けていくため、大掛かりな取り壊し作業などを必要としません。

手軽に浴室をユニットバス風にアレンジすることができるんですね。

浴室の壁面や床を新しく塗装するスプレー工法との相性も良く、組み合わせることで、浴室をまるで新品のように生まれ変わらせることが可能となっています。

パネル工法のメリット

在来浴室からユニットバスへリフォームする場合と、パネル工法を用いたリフォームには、大きな違いがいくつかあります。

  • どんな浴室にも対応できる
  • 自由度が高い
  • 工期が短い

まずは、メリットから順番にご紹介していきます。

どんな浴室にも対応できる

ユニットバスは、工場で生産された規格品のパーツをリフォーム現場に持ち込み、その場で組み立てていくことで浴室を完成させていきます。

ただし、規格品なので浴室全体の完成形があらかじめ決まっており、ご自宅の間取りや現状の浴室の状態によっては、うまくはめ込むことができず、間取りの改修や浴室周辺の構造体の補強工事など、大規模な工事を伴ってしまうことがよくあります。

また、浴室が勾配天井になっていたりすると、天井裏に梁が通っている可能性もあり、物理的にユニットバスへのリフォームが不可能な場合も…。

対して、パネル工法でのリフォームは、利用するパネルを、現状の浴室に合わせてカットして用いることができるため、どのような構造の浴室にも対応することが可能なのです。

もともとの浴室の形をそのまま利用するため、大規模な工事の必要はありません。

自由度が高い

何度も言っていますが、ユニットバスは、商品自体が規格品です。

そのため、壁のデザインや選べる浴槽の種類には限りがあります。

パネル工法の場合、ユニットバスとは違い完成形が決まっていないため、壁に使うパネルの種類を自由に選択し、デザイン性の高い浴室を作り上げることが可能です。

また、浴室や、シャワー設備などを交換する場合にも、ユニットバスの標準的な設備に限らず、自分たちで使い勝手の良いものを自由に選択することができます。

工期が短い

ユニットバスへのリフォームの場合、解体工事から下地補強工事など、多くの工程を必要としますので、最低でも1週間程度の工期は見ておかなければなりません。

対してパネル工法の場合、壁や床に専用のパネルを貼るだけで工事を完結させることができるため、工期も2日~4日程度で済んでしまいます。

浴室だけのリフォームの場合は、基本的には住みながらリフォームされることが多いと思いますので、「お風呂が使えない期間が短い」というのはかなりのメリットと感じるはずです。

ユニットバスにリフォームする場合に必ず必要な解体工事を必要としないので、解体物の搬出などで玄関まわりや廊下など、他の場所にキズがつくリスクも少なくなっています。

パネル工法のデメリット

一方で、自由度が高いパネル工法には、もちろんですがデメリットも存在します。

  • 保温性の問題
  • 浴室の点検ができない

ここでは、大きなデメリットを2つ取り上げてご紹介します。

保温性の問題

ユニットバスは、あらかじめ密閉性を保つように設計されているため、とても気密性が高いです。

そのため、冬でも洗い場が冷え込まず、快適に利用することが可能となっています。

パネル工法の場合も、利用するパネルに断熱性が持たせてあるため、タイル張りの従来の在来浴室と比べると、暖かさを保つ効果は高くなりますが、ユニットバスと比べると、やはり少し見劣りししまうでしょう。

浴室の点検ができない

在来浴室からユニットバスへリフォームする際は、従来の浴室を丸ごと解体し、浴槽やシャワーなどの水廻りの設備を一新するため、いわゆるスケルトン状態になります。

つまり、浴室がある状態では分からなかった土台の腐食や水漏れがないかを同時に確認し、対策を行うことができるんですね。

しかし、パネル工法の場合、現状の浴室を解体せずにその上から工事を行うため、浴室周りの構造体の状況をチェックすることはできません

もし、ひび割れや水漏れ、腐食などがあった場合、それを見逃してしまうことになってしまいますので、長い目で見たときに腐食や破損を進行させてしまう可能性があります。

パネル工法にの費用相場はどのくらい?

パネル工法で行う浴室リフォームは、ユニットバスにする工事と比べても大幅にリフォーム費用を抑えることができます。

冒頭でもご紹介した通り、在来浴室からユニットバスへのリフォーム費用の相場帯は、おおよそ80万円〜150万円ほどですが、パネル工法の場合、浴室の壁面と床面のパネル施工であれば、20万円〜40万円程度で工事を行うことが可能です。

ユニットバスへのリフォームと比べると、半額以下なんですね。

まとめ

パネル工法

パネル工法の特徴と、在来浴室からユニットバスへのリフォームとの違いについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

パネル工法は、現状の壁面や床面に断熱性の高いパネルを貼り付けることで、浴室のイメージを一新させることができるリフォーム方法です。

ユニットバスへリフォームする場合と比べても、パネルのデザインを自由に選択できる分、自分好みの浴室にしやすいというメリットがありますし、費用も比較的リーズナブルとなっています。

現状の浴室を手軽にキレイにしたいという方は参考にしてみてください。