キッチンリフォームの相場はなぜ「幅が広い」のかという疑問について解説します

キッチンリフォームの相場

システムキッチンのリフォームを検討していく中で、最重要かつ最も気になることと言えば、やはり、リフォーム費用ではないでしょうか?

いくらあなたにとって、ど真ん中のシステムキッチンがあったとしても、予算が足りなければ、そのキッチンをご自宅に迎え入れることは難しいでしょう。

予算決めをしていく中で大切なのが、そのリフォームの相場を知るということです。

相場を知ることができれば、ゴール(=導入)に向かって資金を準備していくことができますよね。

そこで、この記事では、一般的なキッチンリフォームの相場について解説していきたいと思います。

キッチンリフォームの相見積もりは『タウンライフリフォーム』がおすすめ

キッチンリフォームで大切なことは、信頼のおけるリフォーム会社に依頼することです。

  • 利用満足度・使いやすさ・サイト安心度でリフォーム部門3冠達成
  • 家の悩みや要望をもとに専門家のアドバイスがもらえる
  • リフォーム箇所に応じたプロ目線のプランニング提案
  • 完全無料で複数の業者の見積もりを比較できる

独自の審査で厳選された全国300社以上のリフォーム業者から見積もりを比較することが可能。見積もりやプランニングでの悩みはオンラインサポートでも相談することができます。

また、タウンライフリフォームの限定特典が下記のとおり。

  • 成功するリフォーム『7つの法則』(毎月先着99名限定)
  • クオカード1000円分(タウンライフリフォームでリフォームを行った方全員)

複数の優良リフォーム業者から無料で見積もりをもらうことができますので、信頼のおける業者を探し出す手間を省くことができます。まずは無料で見積もり依頼をしてみましょう。

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#ef5475″ color2=”#e8074a” url=”https://townlife-aff.com/link.php?i=A0000010&m=5b111d1ed647d” target=”_self”]≫ タウンライフリフォーム公式サイトへ[/jin-button-shiny]

キッチンリフォームに相場はない?

キッチンのリフォームというと、新しいシステムキッチンを入れることが前提だとは思いますが、そのキッチンはどのようなものでしょうか。

どのようなものというと抽象的すぎるのですが、CMやドラマで使われるようなスタイリッシュなキッチンだったり、ショールームやモデルハウスに置かれているようなキッチンだったり。

皆様それぞれ、いろいろなキッチンが思い浮かぶと思いますが、当たり前の話で、それぞれによって値段が変わってきます。

さらに、各キッチンメーカーが様々なキッチンスタイルを展開していますので、キッチン本体だけでも価格に雲泥の差が生じます

冒頭で、相場を知ることが大切と言っておきながら何なのですが、基本的にキッチンのリフォームの相場を出すことは難しいのです。

ただ、それではあまりにも雑ですので、工務店やハウスメーカーの提示している一般的なキッチンへリフォームすると仮定して、相場をご紹介したいと思います。

工務店やハウスメーカーには、それぞれ標準仕様があり、皆様が選ばれたキッチンとその標準仕様のキッチンとの差額が追加請求となります。

標準仕様は、メーカーから施工側への卸値や利回りなどで商品が決められるのですが、特筆してそのメーカーに強いということでなければ、ほとんど商品に違いはありません。

キッチンの交換だけの場合

キッチンのリフォームをする場合、まず現状のキッチンを解体して処分するのですが、交換だけの場合は、全く同じ位置にキッチンが設置されますので、大工工事などで下地や表面材の補修をする必要がありません。

つまり、この方法が1番安くキッチンのリフォームをすることができるということです。

上の写真は、多くの支持を集めていて、標準仕様にもよく選ばれているLIXILの「シエラ」です。

公式サイトによると、シエラの本体価格は50万円~102万円とのことですが、これは、食洗機やその他のオプションがついていない純粋な価格になりますので、通常はもう少し価格帯が上がります。

大体、標準仕様でよく使われているのが、人造大理石の天板、食洗機あり、流し元照明あり、混合水栓タイプのもので、メーカー希望小売価格が90万円くらいです。

『混合水栓』とは、水とお湯が両方出る水栓のことで、水しか出ない水栓のことを『単水栓』と言います。

実際は、このメーカー希望小売価格から、施工店への卸値に施工店側の利益を加味した価格で購入することができますので、実質メーカー希望小売価格の40%~70%程で購入することができます。

現状のキッチンの解体費用は処分費を入れて、6万円程です。

90万円という価格はあくまでもキッチン本体の価格になりますので、別途、施工費が約10万円かかってきます。

これに、諸経費や管理費などを含めると、すべて合わせて、55万円~85万円が相場となります。

この55万円~85万円の差はメーカーの卸値の違いです。解体工事や施工費などに大きな違いはあまりありません。

業者次第でこれだけの差ができますので、業者選びは慎重にしたいですね。

キッチンスタイルを変更する場合

動線やライフスタイルを考えたときに、思い切って現状とは違うキッチンスタイルに変更したいと思われたこともあるのではないでしょうか。

キッチンのリフォーム前に押さえておきたい7つのスタイルでも書いていますが、キッチンには大きく分けて7つのスタイルがありますので、今回は、代表的な壁付け型から対面型へのリフォームについてご紹介します。

壁付け型から対面型にするリフォームでは、現状のキッチンを解体した後、まず、電気・水道・ガスの3業者がそれぞれ現場に入ります。新しく移設するキッチンの場所に配線や配管のやり直しをするためですね。

設備業者の仕込みと呼ばれる作業が終わると、次は大工工事です。主に、解体した後の下地の補修や、対面型にするための壁や、カウンターを造作していきます

そして、大工が調整した下地に内装業者がクロスを貼っていき、最後に新しいキッチンを設置して工事完了です。

大工工事や、設備工事、内装工事で40万円~60万円ほどかかりますので、壁付け型から対面型に変更する場合は、100万円~150万円くらいがリフォームの相場となります。

キッチンのリフォーム費用はいくらくらい?気になる内訳を紹介します

相場の幅が広い理由

キッチンのリフォームについて調べてみると、「30万円〜150万円」や「50万円〜200万円」など、価格帯の広さに驚くと思います。

ほとんどの方が、予算内でなるべく高いグレードやデザイン性のキッチンを求められるので、ここまで相場にバラツキがあると何を参考にすればいいのか分からないというのが正直なところではないでしょうか。

本来であれば、キッチンリフォームの相場を調べたときに「150万円かかる」と、はっきり分かればベストですが、キッチンスタイルやグレードの違い、オプションの有無などによって、価格がまるで変ってきてしまうというのが現実です。

上記は、先ほどと同じLIXILのシエラのI型キッチンとL型キッチンの参考写真なのですが、I型キッチンは67万円、L型キッチンは123万円です。

L型キッチンにはIHクッキングヒーターが装備されていたりして、オプションも充実しているのですが、それでもキッチンだけで2倍近い価格差になっています。

カタログに掲載されている情報には、こういったグレードの違いやオプションなどが入り交ざっていますので、なかなかご家庭のライフスタイルに合ったキッチンの相場をピンポイントで探し出すということが難しいのです。

そのため、どうしても相場の幅が広くなってしまうというわけなんですね。

まとめ

キッチンリフォームの相場についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

誰もがご家庭に合ったシステムキッチンの相場を知りたいと考えると思います。

しかし、ご家庭それぞれにライフスタイルがあり、必要と感じているキッチン装備の内容は千差万別なので、興味をもったシステムキッチンがあれば、見積もりの依頼をするようにしましょう。

キッチンリフォームを考えられている方は参考にしてみてください。

人気記事リフォーム一括見積もりサイトのおすすめを3つ厳選【無料見積もり】