冷蔵庫の配置を検討しなければキッチンリフォームは成功するはずがない!

冷蔵庫の配置を考える

キッチンリフォームが終わった後に「あれはこうしとけば…」と、後悔する理由の1つに、冷蔵庫の配置の失敗が挙げられます。

冷蔵庫はキッチン仕事をするうえでとても大切なのですが、なぜか新しいキッチンばかりに目が行ってしまい、存在を忘れてしまいがちです。

しかも、リフォーム直後に「失敗したな」と、気づくわけではなく、使っていくうちに段々と「失敗したかも…」と、思い始めるケースが多いので、今さら工事をやり直すわけにもいかず、うやむやのまま使い続けているご家庭が多いです。

住宅リフォームには、後から融通の利く失敗と融通の効かない失敗がありますが、冷蔵庫の配置の失敗は、どちらかというと融通が利かない部類に入ります。

先駆者たちと同じ失敗をしないように、この記事では、冷蔵庫の配置の大切さについてご紹介していきますので、参考にしてください。

キッチンリフォームの相見積もりは『タウンライフリフォーム』がおすすめ

キッチンリフォームで大切なことは、信頼のおけるリフォーム会社に依頼することです。

  • 利用満足度・使いやすさ・サイト安心度でリフォーム部門3冠達成
  • 家の悩みや要望をもとに専門家のアドバイスがもらえる
  • リフォーム箇所に応じたプロ目線のプランニング提案
  • 完全無料で複数の業者の見積もりを比較できる

独自の審査で厳選された全国300社以上のリフォーム業者から見積もりを比較することが可能。見積もりやプランニングでの悩みはオンラインサポートでも相談することができます。

また、タウンライフリフォームの限定特典が下記のとおり。

  • 成功するリフォーム『7つの法則』(毎月先着99名限定)
  • クオカード1000円分(タウンライフリフォームでリフォームを行った方全員)

複数の優良リフォーム業者から無料で見積もりをもらうことができますので、信頼のおける業者を探し出す手間を省くことができます。まずは無料で見積もり依頼をしてみましょう。

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#ef5475″ color2=”#e8074a” url=”https://townlife-aff.com/link.php?i=A0000010&m=5b111d1ed647d” target=”_self”]≫ タウンライフリフォーム公式サイトへ[/jin-button-shiny]

ワークトライアングルを意識しよう

ワークトライアングル」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

ワークトライアングルとは、「シンク」と「コンロ」、そして「冷蔵庫」を結ぶ三角形のことです。

このワークトライアングルという概念は、人間工学に基づいて算出されており、この三辺がそれぞれ適切な距離でないと、作業効率が悪くなると言われています。

  • 「シンク」から「コンロ」ー120㎝~180㎝
  • 「コンロ」から「冷蔵庫」ー120㎝~270㎝
  • 「冷蔵庫」から「シンク」ー120㎝~210㎝

それぞれの適切な距離は上記の通りです。

3辺の合計が360㎝から600㎝までにすることで、作業効率を高めることができます。

これ以上の距離だと、移動の距離が長くなってしまうので、動きに無駄が出ることになってしまいますし、360㎝以下の距離だと、動きが窮屈になってしまいます。

キッチンの配置を大きく変えるリフォームの場合は、意外と冷蔵庫の配置を考えるのを忘れてしまいがちなので、作業効率を意識したレイアウトをすることが大切です。

I型キッチンや壁付けキッチンなど「シンク」「冷蔵庫」「コンロ」が一直線となるスタイルの場合は、動線が横一列となるため、基本のトライアングルにはなりません。

その場合、3つの合計が360㎝以上となると、動きが多くなってしまいますので、注意するようにしましょう。

冷蔵庫はキッチンよりも寿命が短い

ただキッチンを入れ替えるだけのリフォームの場合、冷蔵庫のスペースを考える必要は特にありませんが、壁付け型から対面型への変更など、大きく位置が変わる場合は、冷蔵庫のスペースを同時に考えたほうがいいでしょう。

システムキッチンの寿命(=交換目安)が20年から25年といわれていますが、それに対して、冷蔵庫など家電の寿命は10年程度です。

キッチンのリフォームに合わせて冷蔵庫を買い替える場合でも、単純に考えれば、キッチンをもう一度交換するまでの間に、あと1回冷蔵庫を買い替える計算になりますよね。

10年も経てば、お子さんが大きくなったり、家を巣立っていったり、定年退職していたりと、現在と環境も大きく変わっているでしょう。

「先のことは分からない」という気持ちは分かりますが、今よりも大きな冷蔵庫が必要となったときに、そのことを考えていなければ、大きい冷蔵庫に替えたくても替えれないという状況に陥ってしまいます。

冷蔵庫は幅が480㎜程度のものから、大型といわれる800㎜のサイズまで様々です。

標準サイズの650㎜に合わせてスペースを確保してしまうと、800㎜の大型冷蔵庫が必要になったときに冷蔵庫が入らないということになってしまいます。

また、合わせて考えておきたいのが「開き勝手」です。

冷蔵庫は「右開き」「左開き」「両開き」があり、特殊なものだと「観音開き」などがあります。

両開きの場合、冷蔵庫のどちらからでも扉を開くことができるので問題ありませんが、右開きから左開きに変更する場合など、通路に余裕がなければ、扉が開けにくくなってしまうことは容易に想像できると思います。

容量や使い勝手ではなく、開き勝手次第で冷蔵庫を選ぶというのは、できるだけ避けたいところですし、リフォームの段階で意識していれば避けることができる内容です。

冷蔵庫は、キッチンよりも買い替えのサイクルが早いということを念頭に置いておくことが大切ですね。

適切な冷蔵庫の配置について

冷蔵庫を配置するとき、キッチンの入口側に設置するか、奥側に設置するかは、議論が分かれるところではないでしょうか?

しかし、私は、入口側に設置することを推奨しています

キッチンは、包丁を扱ったり、火を扱ったり、大変危険な場所です。

キッチンの奥側に冷蔵庫があると、キッチンで作業をしているときにご主人やお子さんが冷蔵庫を開けようとすると、作業をしている後ろを通らなくてはなりません

キッチンの通路が広ければ問題ありませんが、基本的には2人が余裕を持って歩けるようには設計されてないですよね。

つまり、入口側に設置するほうが、双方にとって安全といえるわけです。

買い物帰りだったり、お風呂上りだったり、冷蔵庫を開ける機会は多々あります。

動線の面で考えても、冷蔵庫がキッチンの奥側よりも入口側にあることで、無駄な動きをする必要がなくなりますので、メリットは多いと言えるでしょう。

まとめ

冷蔵庫の配置の大切さについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

リフォームを考えるときは、どうしてもないがしろにされがちな冷蔵庫ですが、システムキッチンと冷蔵庫をトータルで考えることが重要です。

ワークトライアングルもそうですが、買い替えることを予測して、リフォームのプランニングを行うことができれば、急な変更にも慌てずに対処できると思います。

「大は小を兼ねる」ではないですが、余裕を持つことはとても大切です。

キッチンリフォームを検討されている方は、ご参考ください。

人気記事リフォーム一括見積もりサイトのおすすめを3つ厳選【無料見積もり】