間口や奥行のサイズや高さから考える本当に使いやすいシステムキッチンの選び方

キッチンのサイズと高さ

ショールームに行くと、目新しいシステムキッチンが所狭しと並べられています。

そのどれもが、見た目もスタイリッシュで機能性も高いキッチンばかりなので、思わず購入してしまいそうな衝動に駆られると思うのですが、皆さんはシステムキッチンを選ぶときにどのような基準で選ばれるでしょうか。

見た目や機能性はもちろん不可欠な要素ですが、本当に使いやすいキッチンとは、毎日キッチンに立つあなたに合ったサイズや高さのキッチンなのです。

この記事では、システムキッチンのサイズや高さなど、基本的なことについてご紹介していきます。

キッチンリフォームの相見積もりは『タウンライフリフォーム』がおすすめ

キッチンリフォームで大切なことは、信頼のおけるリフォーム会社に依頼することです。

  • 利用満足度・使いやすさ・サイト安心度でリフォーム部門3冠達成
  • 家の悩みや要望をもとに専門家のアドバイスがもらえる
  • リフォーム箇所に応じたプロ目線のプランニング提案
  • 完全無料で複数の業者の見積もりを比較できる

独自の審査で厳選された全国300社以上のリフォーム業者から見積もりを比較することが可能。見積もりやプランニングでの悩みはオンラインサポートでも相談することができます。

また、タウンライフリフォームの限定特典が下記のとおり。

  • 成功するリフォーム『7つの法則』(毎月先着99名限定)
  • クオカード1000円分(タウンライフリフォームでリフォームを行った方全員)

複数の優良リフォーム業者から無料で見積もりをもらうことができますので、信頼のおける業者を探し出す手間を省くことができます。まずは無料で見積もり依頼をしてみましょう。

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#ef5475″ color2=”#e8074a” url=”https://townlife-aff.com/link.php?i=A0000010&m=5b111d1ed647d” target=”_self”]≫ タウンライフリフォーム公式サイトへ[/jin-button-shiny]

キッチンの間口や奥行について

システムキッチンは、LIXILやTOTO、Panasonicなど、さまざまなメーカーが商品を販売していますが、どのメーカーもご家庭のライフスタイルに合わせて多くのサイズを展開しています。

上記の写真は、左がLIXILの『シエラ』、右がTOTOの『ミッテ』というブランドで、ハウスメーカーや工務店の標準仕様でもよく使われています。

それぞれ、間口が1650㎜~3000㎜、1600㎜~3000㎜の展開です。

約150㎜ずつサイズ展開がされていますので、ご自宅の環境に合わせて最適なサイズを選択できるということなんですね。

また、ガスコンロやシンクの大きさはある程度決まっていますので、サイズが大きくなるにつれて、中央の作業スペースが広くなっていきます。

作業スペースが広くなれば、水切りカゴを置いたり、調味料類を置いたりと、メリットもたくさんあるのですが、注意も必要です。

間口が大きくなるということは、シンクからコンロやコンロからシンクへ動く「横の動線」が長くなってしまいます

シンクとコンロの距離は1200㎜~1800㎜の間にするのが使いやすいと言われていますので、どんなに大きくても2400㎜や2550㎜のサイズを選ぶと、キッチン動線を損なわずにゆったりとキッチン仕事ができるということですね。

当たり前ですが、サイズが大きくなるにつれて、価格も高くなっていきますので、予算組みには気を付けましょう。

キッチンの奥行は軽視されがちですが、物を多く置くことができるか、作業がしやすいか、に直結しますので、広めに設定するほうがいいと思います。

I型キッチンだと、各メーカーとも600㎜か650㎜を選ぶことができますので、よほどでない限り、650㎜を選択するほうが賢明です。

また、アイランドキッチンなどオープンキッチンの場合は、奥行きが750㎜か970㎜となります。

オープンキッチンを利用される方は、ご家族やご友人などと複数人で料理をする機会が多い方が大半を占めていますので、キッチンの背面側からでも作業のしやすい970㎜の奥行にされると、作業スペースもゆったりと確保することができます

システムキッチンの間口や奥行のサイズは自由に選ぶことができますが、ご自宅の間取りは変更することはなかなかできません。

間取りに適していないサイズを選ばれてしまうと、キッチン動線だけでなく、ライフスタイルそのものに影響してしまいますので注意しましょう。

キッチンの高さの重要性

キッチンの間口や奥行などのサイズも重要ですが、もっと考えておく必要があるのが、キッチンの高さについてです。

日本では、慢性的に腰痛があると自覚している方が10人に1人いると言われており、男性女性関わらず、自覚症状の上位に腰痛がランクインしています。

そのうちの過半数は腰痛の原因が分からず日々痛みと戦っているのとのことですが、もしかすると、キッチンの高さも腰痛の原因なのかもしれません

高さが適正でなければ、キッチンに立っているときは常に腰をかがめた状態で作業をしなくてはならず、日頃の慣れにより作業自体に違和感がなくとも、体はだんだんダメージを受けています。

つまり、健康な生活を送るためにも、ご自身に合ったキッチンの高さにすることはとても重要なことなのです。

キッチンの高さはJIS規格で80㎝~95㎝まで5㎝間隔で規定されています。

使いやすいキッチンの高さは、『(身長÷2)+5㎝』と言われていますので、160㎝の女性を基準とした85㎝が現在の日本の主流の高さです。

しかし、あくまでも主流なだけであって、150㎝の方であれば80㎝が適正ですし、170㎝の方ですと90㎝が適正の高さとなります。

また、この計算方法も言わば一般論なので、最終的にはショールームで実際の高さを体験して、ご自身に合う合わないを決められることをおススメします。

まとめ

キッチンのサイズや高さについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

キッチンは見た目や機能性で選びがちですが、それは割と始めだけで、結局のところ、一番重要なのは使い勝手です。

使い勝手をよくするためには、サイズや高さを考えることは欠かすことができません。

本当の意味で身の丈に合ったキッチンを選ぶことができるよう、参考にしてください。

人気記事リフォーム一括見積もりサイトのおすすめを3つ厳選【無料見積もり】