トイレリフォームで押さえておきたいポイント5つを詳細にご紹介します

トイレは、日々最新のモデルがリリースされており、節水性能や洗浄性能が上がってきています。

特に和式トイレや、寿命を迎えたトイレ(トレイの寿命は約10年と言われています)をお使いの方の中には、リフォームを検討したいと思われている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、トイレのリフォームを検討するうえで気を付けたいポイントを5つにまとめました。

トイレリフォームの相見積もりは『タウンライフリフォーム』がおすすめ

トイレリフォームで大切なことは、信頼のおけるリフォーム会社に依頼することです。

  • 利用満足度・使いやすさ・サイト安心度でリフォーム部門3冠達成
  • 家の悩みや要望をもとに専門家のアドバイスがもらえる
  • リフォーム箇所に応じたプロ目線のプランニング提案
  • 完全無料で複数の業者の見積もりを比較できる

独自の審査で厳選された全国300社以上のリフォーム業者から見積もりを比較することが可能。見積もりやプランニングでの悩みはオンラインサポートでも相談することができます。

また、タウンライフリフォームの限定特典が下記のとおり。

  • 成功するリフォーム『7つの法則』(毎月先着99名限定)
  • クオカード1000円分(タウンライフリフォームでリフォームを行った方全員)

複数の優良リフォーム業者から無料で見積もりをもらうことができますので、信頼のおける業者を探し出す手間を省くことができます。まずは無料で見積もり依頼をしてみましょう。

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#ef5475″ color2=”#e8074a” url=”https://townlife-aff.com/link.php?i=A0000010&m=5b111d1ed647d” target=”_self”]≫ タウンライフリフォーム公式サイトへ[/jin-button-shiny]

トイレリフォームのポイント:設置条件を確認する

まず一番に確認するべきは、現在のトイレの状況です。

特に和式トイレから洋式トイレにリフォームする際には、トイレの個室スペース全体のサイズが重要になります。

洋式トイレは、座るための場所を確保する必要があるため、和式トイレに比べて設置するための多くのスペースが必要です。

現在のトイレスペースが狭く、洋式トイレの設置に十分なスペースの確保が難しい場合トイレの取り替えと同時に、トイレスペースの拡張が必要になる場合があります。

ただし、スペースの拡張を行うまで予算をかけたくない場合には、和式トイレの上からかぶせて設置することができる簡易的な洋式トイレも選択することが可能です。

また、和式トイレと洋式トイレでは、必要な配管が異なるため、床下の配管工事は必要になります。

現状が洋式トイレの場合でも、設置方式によって配管工事が必要となる場合がありますので事前にリフォーム業者に調査を依頼するようにしましょう。

トイレリフォームのポイント:実施範囲を検討する

次に検討するのは、リフォームの実施範囲です。

トイレのリフォームは、単純な器具の取り替えだけでなくトイレスペースの床や壁の貼り替えやパネルの貼り付け、さらには、手洗いや収納戸棚の設置など様々な選択肢があります。

特に床や壁は現在のトイレスペースに使用している素材が老朽化している場合、貼り替えが必須になる場合もあります。

また、張り替える必要がない場合でも、トイレスペースの雰囲気を替えたい場合には、塗装やパネルを利用して簡易的に模様替えを行うことも可能です。

リフォームを行う範囲によって必要な費用は数十万円単位で変動するため、予算と要望に応じてどの範囲までリフォームを行うのか、決めるようにしましょう。

トイレリフォームのポイント:トイレの種類を決める

トイレのリフォームで次に費用の決定打となるのがトイレの種類です。

現在新しく設置する際一般的なのは、タンクレストイレと一体型トイレの2種類です。

タンクレストイレは、トイレの背面にある貯水タンクを必要としないタイプの洋式トイレです。

トイレ全体の印象がすっきりとする他、タンクとの接合部分がないため掃除も楽なのがメリットです。

反面、水圧で水を汲み上げ洗浄する仕組みを取るため、設置する場所を選びます。

また、価格も一体型トイレに比べると数十万円単位で高額になってしまいます。

一体型トイレは、トイレ本体とタンクの継ぎ目がない一体感のあるデザインを特徴とする洋式トイレです。

価格がタンクレストイレと比較して安価で、設置場所も選びません。

機能面に関しては、最新型のタンクレストイレと比較すると節水機能や除菌機能で劣ってしまう場合がほとんどです。

予算と設置条件がクリアできるのであれば、スタイリッシュで高機能なタンクレストイレを選択すると後々のメンテナンスが楽になります。

対して、予算を押さえながら清潔で新しいトイレへリフォームしたい場合一体型トイレを選ぶのが良いでしょう。

https://reformcanpus.com/tankless-toilet-merit-demerit

トイレリフォームのポイント:メーカーを決める

トイレの種類を決めた後、トイレのメーカーを決めます。

トイレは、TOTO、LIXIL、Panasonicの3社が国内シェアの大部分を占めており、多くのリフォームショップでも、この3社のトイレを中心に取り扱っています。

TOTOは、3社の中でも圧倒的なシェア1位を誇るメーカーで、節水性能と洗浄性能で高い技術力を誇っています。価格は、他社と比較すると高めです。

LIXILは、複数の企業が合併して誕生した総合住宅メーカーです。

トイレ本体の性能もさることながら、トイレスペースの壁材や床材、手洗いなどのオプション製品の充実具合で群を抜いています。

Panasonicのトイレは、台所用洗剤を用いて泡を作り出し便器を洗浄する洗浄機能や飛び跳ねや漏れを防止するストッパーなど家電メーカーらしいユニークな工夫が特徴です。

価格もTOTOやLIXILに比べると最新機種が安価に購入できますが、扱っているリフォームショップが限られているのが難点です。

三大トイレメーカーのおすすめ商品の特徴【TOTO・LIXIL・Panasonic】

トイレリフォームのポイント:費用を抑える

最後に、リフォーム費用全体を抑える工夫も必要です。

まず、トイレリフォームを検討する際は、複数の業者に見積を依頼し、自宅のトイレでリフォームを行った場合の費用相場を確認するようにしましょう。

また、バリアフリー化など、介護にまつわるトイレリフォームの場合、自治体の補助金制度を利用して費用を抑えることができる可能性もあります。

メーカーやリフォームショップが実施するキャンペーンなどで、安い在庫品や型落ち品を狙うのも一つの手段です。

トイレリフォームのポイント:まとめ

トイレのリフォームの場合、リフォームを行う範囲とトイレの本体価格がリフォーム費用を決める決め手となります。

事前に優先順位をしっかりと決めてリフォームを行うことで、費用な内容で後悔することを予防できます。

またリフォーム費用は相見積もりや補助金制度の活用で想定よりも安く抑えることが可能な場合もあります。まずはリフォーム業者と相談のうえ、しっかりと情報を集めることが成功の秘訣です。

人気記事リフォーム一括見積もりサイトのおすすめを3つ厳選【無料見積もり】