トイレが詰まりやすい原因とその改善策を4つ紹介します【意識です】

毎日使用するトイレが詰まりやすいと、とても不便ですよね。

トイレが快適に流れないのには、いくつかのパターンがあり、それぞれ改善点も異なります。

自分で改善できる簡単な詰まりから、プロに依頼するかどうかのポイントなど「トイレの詰まりやすい原因とその対策」についてご紹介します。

トイレリフォームの相見積もりは『タウンライフリフォーム』がおすすめ

トイレリフォームで大切なことは、信頼のおけるリフォーム会社に依頼することです。

  • 利用満足度・使いやすさ・サイト安心度でリフォーム部門3冠達成
  • 家の悩みや要望をもとに専門家のアドバイスがもらえる
  • リフォーム箇所に応じたプロ目線のプランニング提案
  • 完全無料で複数の業者の見積もりを比較できる

独自の審査で厳選された全国300社以上のリフォーム業者から見積もりを比較することが可能。見積もりやプランニングでの悩みはオンラインサポートでも相談することができます。

また、タウンライフリフォームの限定特典が下記のとおり。

  • 成功するリフォーム『7つの法則』(毎月先着99名限定)
  • クオカード1000円分(タウンライフリフォームでリフォームを行った方全員)

複数の優良リフォーム業者から無料で見積もりをもらうことができますので、信頼のおける業者を探し出す手間を省くことができます。まずは無料で見積もり依頼をしてみましょう。

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#ef5475″ color2=”#e8074a” url=”https://townlife-aff.com/link.php?i=A0000010&m=5b111d1ed647d” target=”_self”]≫ タウンライフリフォーム公式サイトへ[/jin-button-shiny]

トイレが詰まりやすい原因とは?

トイレの詰まりが起きる原因には大きく分けて次の3つがあります。

トイレ自体や排管の構造によるもの

トイレそのものの構造や上下水道(特に下水道)の環境により、詰まりやすいことがあります。

水を十分に押し出せない(上水道に問題がある)場合と、水を下水道側で十分に排出できない(下水道に問題がある)場合があり、そのバランスが悪くなれば詰まる可能性が高まります。

トイレの利用方法によるもの

トイレのキャパシティを越えた利用方法を続けると、詰まりやすくなります。

一番多くみられるのが、一気にたくさんのティッシュを流すことによる詰まりです。

また、トイレットペーパーなどの水洗可能ティッシュではなく一般的なティッシュを日常的に使うことも詰まりやすい排管にしてしまう可能性があります。

トイレの状態によるもの

長年の利用により排管が狭くなったり、錆びたりと「経年劣化」もつまりの原因の一つです。

日々のメンテナンス次第で詰まりが改善することもありますが、根本的な修繕を行わなければまた詰まりやすくなります。

この詰まり、自分で回避できるってホント?

まず前提として、「自分で回避できる詰まりは、あらかじめ回避する」よう習慣づけることが大切です。

トイレに流す量やモノに気を付ける

たとえば、一度にたくさんのトイレットペーパーを流せば詰まりやすいのは当然です。

トイレの形状や水流にもよりますが、水洗の後半で一気に水を吸い込むような音がする場合、無理な分量を流している可能性は高いでしょう。

トイレットペーパーを過剰に使うのは家計や資源を節約する面からも、避けた方が良いでしょう。

小さなお子様がいるご家庭で、おしりふきを流し、詰まらせるというケースもあります。

一般的なティッシュペーパーやおしりふき等はしっかり汚れをふきとれるように厚手で水分に強い傾向があります。きちんとサニタリーボックス等に捨てましょう。

その他、くしやヘアピン、ボールペンなどポケットに入っていたものを間違って流してしまうこともつまりの原因となりやすいので、注意が必要です。

時にスマホや名刺ケースのような大きなものを落としてしまう人もいます。

普段から胸とお尻のポケットやエプロンには、物を入れてトイレに向かわないのが無難です。

水流が弱いなら、まとめて流す

もともと上水道の水流が弱く、トイレのタンクに水が溜まりにくい(排出される水量が少ない)状態で、こまめに水を流してしまうと必要な分の水が流れていきません。

たとえば、使用前に便座クリーナーを流すためや音消しに洗浄してしまうと、その後充分な水が溜まるまでに時間を要します。

ここで急いで流すと充分な水量が確保できず詰まりを起こしやすくなります。

トイレについている音消し機能や、外付けの音消し機材を活用し、無駄な水を流さないことも大切なポイントの一つです。

トイレットペーパーを使ったらレバーは「大」へ

特に水流の弱いトイレでは、適切な水量をキープしながら洗浄することがカギとなります。

節水を意識するあまりに詰まりを起こすことのないよう、トイレットペーパーを使用したら、小用であっても「大」の方へレバーを回すようにしましょう。

小、大は排泄したもので選ぶのではなく必要な水量の目安、としてとらえた方が無難です。

清掃はマメに、よりも、確実に

家庭でも定期的に清掃をすることが大切ですが、清掃の頻度よりも手順の方が大切です。

中途半端に溶剤を流し込むと、排管にこびりついた汚れが詰まりを起こす可能性もあります。

洗浄液や溶剤を流すなら適量を用い、しっかり汚れを流しましょう。

また、届く範囲に詰まりが見える場合は、しっかり便器側から取り除く方が確実に清掃できます。

無理に流してしまわないよう注意しましょう。

どうしても詰まるなら、プロにお任せ

使用方法や定期的な清掃に配慮しても詰まる場合はプロの出番です。

完全に詰まってしまって今すぐ修理が必要な場合は仕方ないのですが、詰まりが気になるけど自分ではわからない場合などは、きちんと詰まりの状態を把握し、確実に修繕してくれる業者へ依頼したいものです。

焦って依頼せず、複数社の見積もりを比較するのがオススメです。

また、リフォームなどを行った後でつまりが起きるなら排管が適切に行われなかった可能性があります。(水流やトイレの性能などの関係で、新しいトイレが古い排管そのままでは使用できないこともあります)

この場合は施工した業者に修繕費用を請求できるかもしれません。

なお、プロが施工する清掃・修繕には次のようなものがあります。

  • 詰まっているものを取り除く
  • 排管の汚れを取り除く
  • 排管自体を交換する

※トイレの環境によっては隣接する排管の詰まりに影響を受けているかもしれません。

個別で対応できない場合はマンションの管理会社や町内会なども含めてどのように修繕するのが良いか総合的に判断しましょう。

トイレの詰まりやすさ対策は、まず家庭で行おう

トイレの詰まりやすさにはいろいろな原因が関わっていますが、まず使用する人達の心がけで詰まる確率を減らすことができます。

今一度、トイレがどんな理由で詰まっているかを見つめなおし、その原因を取り除くような使用方法を心掛けたうえで、必要に応じてプロに依頼することが大切といえますね。