ウォシュレットの交換費用はどのくらいかかる?DIYについてもご紹介

近年、ウォシュレットのついたトイレが増えています。

毎日使用するトイレの環境を暖かく衛生的で快適にするには、ウォシュレットはもはや欠かせない要素の一つとも言われています。

ウォシュレットを新調もしくは交換するとき、気になるのが「交換費用」ですよね。

今回の記事では、交換費用の相場や交換時のポイントなどについてご紹介します。

トイレリフォームの相見積もりは『タウンライフリフォーム』がおすすめ

トイレリフォームで大切なことは、信頼のおけるリフォーム会社に依頼することです。

  • 利用満足度・使いやすさ・サイト安心度でリフォーム部門3冠達成
  • 家の悩みや要望をもとに専門家のアドバイスがもらえる
  • リフォーム箇所に応じたプロ目線のプランニング提案
  • 完全無料で複数の業者の見積もりを比較できる

独自の審査で厳選された全国300社以上のリフォーム業者から見積もりを比較することが可能。見積もりやプランニングでの悩みはオンラインサポートでも相談することができます。

また、タウンライフリフォームの限定特典が下記のとおり。

  • 成功するリフォーム『7つの法則』(毎月先着99名限定)
  • クオカード1000円分(タウンライフリフォームでリフォームを行った方全員)

複数の優良リフォーム業者から無料で見積もりをもらうことができますので、信頼のおける業者を探し出す手間を省くことができます。まずは無料で見積もり依頼をしてみましょう。

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#ef5475″ color2=”#e8074a” url=”https://townlife-aff.com/link.php?i=A0000010&m=5b111d1ed647d” target=”_self”]≫ タウンライフリフォーム公式サイトへ[/jin-button-shiny]

ウォシュレットの交換にはどんな費用が必要?

ウォシュレットの交換には、一般的に次の費用がかかります。

□必ずかかるもの

  • 本体価格
  • 取り付け工事費

□状況に応じて必要なもの

  • 旧便座の処分費用(作業費に含むことがある)
  • 配管工事費用 ※
  • 電気工事費用(コンセント増設) ※

※の2点は以前もウォシュレットを使用していれば特に必要ないケースが多いでしょう。

取り付け作業費は特に追加工事がなければ、次の価格帯が相場です。

  • 袖リモコン(便座サイドにリモコンがついているもの)6,000~9,000円程度
  • 壁リモコン(壁にリモコンが備え付けになっているもの)7,000~15.000円程度

袖リモコンは壁へのリモコン設置作業がない分、交換費用は抑え目になっています。

また、壁リモコンの値段の開きは、着座センサーによるオート洗浄やリモコンに搭載されている機能により作業内容に差が出ることが関係しています。

旧便座の処分費用は

  • 業者側で負担してくれる場合
  • 業者が処分するが、処分費用別な場合
  • 自分で処分する場合

でそれぞれ異なります。

一番ありがたいのは業者で負担してくれる(作業費に含む)場合ですが、別な場合は自分で粗大ゴミや燃えないゴミとして処分した方が費用を抑えられる可能性もあります。

また、粗大ゴミとして回収しない自治体もあります。この場合多少費用がかさんでも、業者へ処分を依頼することになります。

お住まいの地域でどう対応しているのか、購入前に一度確認してみるのがおススメです。

プロに作業を依頼する時のポイント

費用の相場がわかったところで、プロに交換を依頼するときのポイントについて考えてみましょう。

購入/見積もりを取る前に確認しておきたいこと

購入する前に、ご自宅の状況について、最低限次の事は確認しておく必要があります。

不明点があれば見積もり時に質問できるよう、採寸や形状のチェックはぜひしておきましょう。

  • トイレのサイズ:便座部分と便器部分のサイズが合わないと交換そのものができません。
  • トイレの形状:背面タンクの場合は取り付けできる可能性が高いですが、角に備え付けの三角タンクでは配管工事が必要になる可能性があります。また、一部のタンクレストイレは交換そのものができないので注意が必要です。
  • トイレ個室のサイズ:オート開閉やオート洗浄は個室内の広さに対する人の位置などを感知します。
  • 壁の材質/色:壁が木目調や濃い黒の場合、オート開閉センサーがうまく働かないこともあります。

どんな業者に依頼する?

ウォシュレットをホームセンターや家電量販店で購入した場合、そのまま販売店が提携しているリフォーム業者や水道回りの工事業者をあっせんしてくれるケースが多いでしょう。

追加工事が必要な場合は、一般的なリフォーム業者と複数見積もりを取り

  • 適正価格で工事が行われているか
  • 必要な工事がきちんと賄われているか

をチェックします。

見積もりチェックのポイント

一部の業者では、取り換え作業費に販売店への手数料相当額が含まれていることもあります。また、作業を下請け、孫請けの業者へ外注していることもあります。

無駄な経費を上乗せされていないか、依頼業者が最後まで面倒を見てくれるのか、しっかり確認することが大切です。

自分でウォシュレットの交換をするなら

費用を抑えたい、工事の日程が合わない場合などには、自分で交換することもできます。

DIYに対する慣れや形状などにもよりますが、プロでなくとも60~120分程度で設置できるケースが多いようです。

ただし、配管工事や電気配線工事が必要な場合には、資格を持った技術者でなければ対応が不可能なこともあります。

あくまでオーソドックスな交換であれば、自分でもできる、といったイメージでとらえておくとよいでしょう。

大まかな手順イメージはこんな感じです。

  • 水を止め、配管のラインを設営する
  • 既存の便座との交換(取り外し⇒便座固定具の取り付け⇒ウォシュレットの設置)
  • 給水ホースの設置
  • 電源を入れ試運転し、水漏れや配管の緩みがないかチェック

もちろんメーカーにより細かな手順は異なります。

またドライバーやスパナのような取付工具などは別途用意しましょう。

ウォシュレットの交換費用は工事費次第で差が出る!

今までご紹介した通り、ウォシュレットの交換費用は本体価格だけでなく工事費も視野に入れて計算する必要があり、その工事内容により大きく金額に差が出ます。

もちろん自分でも作業することは可能ですが、少しでも不安に思うなら水漏れや緩みのせいで修理が必要になるよりもプロに任せた方が安心です。

ただし、プロに依頼するときも完全にお任せにするのではなく、どんな工事が行われるのか、電気量販店などの販売店に委託するのと街の業者に依頼するのではどのくらいの差があるか、きちんとチェックしたうえで発注するのがオススメです。

交換する業者が決まってない方、こちらを参考ください。

人気記事リフォーム一括見積もりサイトのおすすめを3つ厳選【無料見積もり】